採用情報JRSEでは、共に社会を支える人を必要としています。

社長メッセージ

代表取締役 市川篤司

一流の技術者になって、構造物の健康を守り人々の安全・安心に貢献しませんか?

私たちの使命

 私たちの会社は、(公財)鉄道総合技術研究所のグループ会社の一員として、土木構造物のメンテナンスや自然災害対策、技術開発のための実験や解析などの仕事を通して、社会の安全・安心に貢献していくことを使命としています。

私たちの仕事は構造物の健康を守る“お医者さん”です

 橋やトンネル、斜面・盛土などの土木構造物は、年とともに老朽化が進んでおり、時には地震などで被害を受けます。年齢とともに持病が増え、時にはけがをする人間と同じです。しかし、老人社会になっても元気なお年寄りが多いように、構造物も確実にメンテンスをし、地震対策などを行っていけば100年をはるかに超えて健全に使い続けていくことができるのです。鉄道にはすでに100年を超える数多くの構造物がありますが、いまだに現役で活躍しています。
 私たちの仕事は、構造物のお医者さんの仕事です。橋をはじめトンネル、斜面・盛土に至る様々な構造物に対して、現地調査、材料分析や解析的な検討を行って健全度を診断し、損傷の内容や程度に応じた補修・補強対策を提案します。地震対策についても耐震診断・補強設計を行って適切な耐震対策を提案するとともに、新幹線を中心とする早期地震警報システムの保守も、地震から安全を守る私たちの大事な仕事です。

私たちと一緒に技術を磨いて構造物の健康をまもりませんか?

 いいお医者さんになるためには技術力が必要です。私たちの職場は(公財)鉄道総合技術研究所の一画にあり、技術を磨くにはとてもいい環境です。一緒に技術を磨いて一流の技術者になって、構造物の健康を守り人々の安全に貢献しませんか?

会社紹介

当社は、公益財団法人鉄道総合技術研究所(鉄道総研)の構造・材料・防災系統の協力会社として設立された会社で、鉄道総研の研究開発に関連する業務を通して、基礎的な技術から先進的技術まで身近に接することができます。また、鉄道の現場で構造物の健全度や耐震性を診断し、対策工法を提案するなど構造物の健康を守っています。

会社名 株式会社 ジェイアール総研エンジニアリング
設立 2002年7月1日
資本金 2,000万円
職員数 64名(2019年7月現在)
売上高 18.4億円(平成30年度)
代表者 代表取締役:市川篤司
事業所 本社/東京都国立市 事業部/東京都国分寺市(鉄道総合技術研究所内)
有資格者数 博士/9名 技術士/16名

主な事業内容

(1) 鉄道総研の研究開発関連業務
○各種の構造物及び地盤等に関する実験・解析
○コンクリート他各種材料の実験・分析 等

(2) 土木構造物等に関する総合コンサルティング
〇検査と健全度判定
〇耐震性能診断と補強対策
〇調査診断と補修対策
〇設計及び実験・解析
〇各種材料の試験・分析と評価
〇構造物の塩害対策補修工法等の開発と技術支援

(3) 早期地震防災システムの設置、保守等の業務

(4) 鉄道構造物設計プログラム、塩害対策用補修材料、調査診断用ツール等の販売と保守

主な取引先

(1)JR関係:鉄道総研、JR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州、JR各社系列のコンサルタント会社

(2)民鉄等:東武鉄道、西武鉄道、東京急行電鉄、 京浜急行電鉄、名古屋鉄道、南海電鉄 他

(3)民間:日本交通技術、中央復建コンサルタンツ、 中日本建設コンサルタント、 鹿島建設、熊谷組、 奥村組、他

採用に関するご質問