TOPページ
ソフトウェア販売以外のページの参照は、一旦TOPページに戻ってください。
 
ページの最後へ
 お知らせ
 

>>>旧バージョンの画面が表示されたと思われる場合はリロード(Ctrl+F5)を実施してください。<<<
 
注意・重要


2024年5月25日
・設備メンテナンスが完了しました。(11:00) 
 設計プログラムの起動、終了等問題ありません。

 ご協力、ありがとうございました。

2023年9月29日
・誠に勝手ながら、10月からのご請求に対して、ご請求金額に関わらず、
 振込手数料を、お客様ご負担とさせていただきます
 上記、ご了承の程、よろしくお願いいたします。

2023年6月23日
VePPシリーズ・JRSNAP有償バージョンアップについて
・JRSNAPとVePPシリーズは、令和5年版鉄道構造物等設計標準・同解説(コンクリート構造物)
 (以下、コンクリート標準)の移行期間中において、以下のように旧版プログラムの使用が可能です
 1)旧版プログラムは、JRSNAP(Ver.5.1-L10)とVePPシリーズ(Ver.4.1-L03)です。
   旧版プログラムの使用は,これらを購入・保守契約されていたユーザーを対象とします。
 2)同一のPCで旧版と新版プログラムを使用することはできません。
   平成16年版コンクリート標準を用いて設計する場合は、旧版プログラムのまま使用し、
   令和5年版コンクリート標準を用いて設計する場合は、新版プログラムをインストールしてください。
 3)旧版プログラムの改修は、基本的に実施しません。

------------------------------------------------------------------------
迷惑メールに関して
・弊社のご案内メールを流用したスパムメールが、届いているようです。
 2022年3月18日の停電ご案内の電子メールにはURLのリンク、
 添付ファイルはありませんので、添付ファイルを開いたり、
 URLをクリックしないでください。
 
 電子メールは必ず、送信元の名前と送信元電子メールアドレスを確認していただき、
 問題ないことを確認していただきますようお願いいたします。
 不審な電子メールは、どこもクリックせずに破棄をお願いいたします。
 不審であるか、判断に迷った場合は電話にて担当者へご確認をお願いいたします。

・弊社の Support Service と称して、パスワードの変更を依頼するするように
 催促する電子メールが届けられているようです。
 ただし、
弊社からパスワードの変更をお客様に依頼する事はありませんので、
 そのメールは開かず破棄をお願いいたします。

・JRSEと称して、保守・サポートが終了したことを伝える電子メールが
 届いているとのご連絡がありました。お客様にはお手数をおかけしますが、
 電子メールの送信元アドレスを確認していただき、最下段にある、お問い合わせアドレス
 以外からの場合は破棄していただくようお願い致します。
 (本文もなく、添付ファイルのみの場合も破棄をお願い致します)
  また、
当社からはお問い合わせへの対応以外で、一方的に実行プログラムを
 送ることはございません
ので、お問い合わせなしに実行プログラムが電子メールで
 届いた際も、破棄してください。

ソフトウェア(ネットワークライセンス版) (販売は国内企業のみとなります。 パンフレットは各ソフトウェア名称をクリックしてください。)
番号 ソフトウェア名称  関連情報
1 JRSNAP JRSNAP【静的非線形解析プログラム】
(基幹部)
Ver.5.2-L02
※動的解析に用いる時刻歴波形データファイルが付属しています。
2024/6/4
・JRSNAP Ver.5.2-L02の公開を開始しました。
主な変更点はこちら

Ver.5.1での主な変更点はこちら

2 Input-JR Input-JR【データ入力ツール】 
Ver.5.2-L02
JRSNAPのオプション購入となります。
2024/6/4
※バージョンアップしました。
 Ver.5.2-L01 →Ver.5.2-L02
3 Output-JR Output-JR【照査・検索・整理ツール
Ver.5.2-L02
JRSNAPのオプション購入となります。
2024/6/4
※バージョンアップしました。
 Ver.5.2-L01 →Ver.5.2-L02
4 Soil-JR Soil-JR【地盤反力特性算定プログラム】
Ver.5.2-L02
JRSNAPのオプション購入となります。
2024/6/4
※バージョンアップしました。
 Ver.5.2-L01 →Ver.5.2-L02
5 ReDisp-JR ReDisp-JR【応答変位法支援プログラム】
Ver.5.2-L02
JRSNAPのオプション購入となります。
2024/6/4
※バージョンアップしました。
 Ver.5.2-L01 →Ver.5.2-L02
6 LiJudge-JR LiJudge-JR【液状化判定プログラム】
Ver.5.2-L02
JRSNAPのオプション購入となります。
2024/6/4
※バージョンアップしました。
 Ver.5.2-L01 →Ver.5.2-L02
7 JRElastic JRElastic【地震時以外設計プログラム】
Ver.5.2-L02
※JRSNAPのオプション購入となります。   
VePPと連携することで部材照査が可能となります。
2024/6/4
※バージョンアップしました。
 Ver.5.2-L01 →Ver.5.2-L02
8 JRBOX JRBOX【開削トンネル設計プログラム】
Ver.4.0-L01A
耐震設計でJRSNAPと連携することができます。
※単独稼働が可能です(地震時以外)。
2023/6/15
・お客様よりご指摘のありました件を修正した
 プログラムを Ver.4.0-L01Aとして公開します。
 ライセンス番号証書または保守・サポート契約
 登録票に記載の情報から入手をお願い致します。
主な変更点はこちら

9 JRCS JRCS【ケーソン基礎設計プログラム】
Ver.4.0-L02
※耐震設計でJRSNAPと連携することができます。
※単独稼働が可能です(地震時以外)



2020年5月8日
「頂板の設計」(せん断力に対する検討以外)時のく体形状について。
 誠に申し訳ありませんが、現状円形のみの対応となっています。
 ご了承の程、よろしくお願い致します。


2021/7/20 
・お客様よりご指摘のありました内容に対する
 修正差分ファイルを公開しました。
 差分ファイルは、インストールプログラム
 入手ページより、入手可能です。

2018/12/11
※バージョンアップしました。
 Ver.4.0-L01 →Ver.4.0-L02
 Ver.4.0-L02よりWindows10へ対応可能です。
主な変更点はこちら

10 JREP

JREP【抗土圧構造物設計プログラム】
Ver.3.0-L02
※耐震設計でJRSNAPと連携することができます。       
※地震時以外の設計でJRElasticと連携することが出来ます。

2019/12/6
・ご指定のあった事項を改修した、
 修正差分ファイルを公開しました。
 インストールプログラム入手ページより、
 入手可能です。

2015/3/31
※バージョンアップしました。
抗土圧擁壁の設計機能を利用されていたお客様はJRSNAPと合わせてバージョンアップをお願いいたします。
主な変更点はこちら
11 JRKK JRKK【鋼管矢板井筒基礎設計プログラム】
Ver.2.0-L03
※耐震設計でJRSNAPと連携することができます。     
※単独稼働が可能です(地震時以外)。            
※JRCS購入済で保守加入の希望者に配布いたします。
(JRKKへのお問い合わせはJRCSの保守に
加入されている必要があります。)
2022/9/27
・お客様よりご指摘のありました内容に対する、
 修正差分ファイルを公開しました。
 インストールプログラム入手ページより、
 入手可能です。

2018/12/26
※公開を開始しました。
 12 JRKK VePPシリーズ
【鉄道コンクリート構造物性能照査支援プログラム】
【複合構造物の性能照査プログラム】

Ver.5.0-L01

2023/6/30
・VePPシリーズ Ver.5.0-L01の公開を開始しました。
 本バージョンは有償バージョンアップと
 なりますので、ご希望の方は、申込が必要です。
 保守・サポート契約を締結されているお客様には
 近日中にご案内を致します。
 主な変更点はこちら
13 JRKK VePP-SC
【鋼・合成断面性能照査支援プログラム】

Ver.2.0-L02
2015/8/26
※バージョンアップしました。
 Ver.2.0-L01 →Ver.2.0-L02
主な変更点はこちら
14 VePP-Retrofit
【耐震補強された鉄筋コンクリート柱の性能照査支援プログラム】
Ver.1.0-L04
2021/2/12
※バージョンアップしました。
 Ver.1.0-L03 →Ver.1.0-L04
 ・繊維補強モルタル巻立て工法に対応
 ・このバージョンより正式に Windows10 対応と
  いたします。
主な変更点はこちら

A Docu-SE
【設計計算書作成支援システム】

Ver.5.2-L01 (JRSNAP Ver.5.2-L01対応版)
2024/6/10 
・Docu-SE Ver.5.2-L02近日公開予定です。

2023/8/31
・Docu-SE Ver.5.2-L01の公開を開始します。
 本バージョンは有償バージョンアップと
 なりますので、ご希望の方は、申込が必要です。
 保守・サポート契約を締結されているお客様には
 近日中にご案内を致します。

 主な変更点はこちら

 プログラムの詳細はこちら。(サンプル等)

B Aspect-SE
【任意スペクトルによる応答塑性率算定ツール】

Ver.1.1-L10
※JRSNAPのオプション購入となります。
2022/4/27
※バージョンアップしました。
 Ver.1.1-L09 →Ver.1.1-L10

   主な修正内容はこちら

2017/1/19 
・従来の体験版から、販売版として公開します。
 使用するには、別途購入が必要です。

各ソフトウェアの単価一覧を表示します。(PDF) 価格シミュレーション
 購入手続きについて (PDF)
 
 各設計プログラム間の関係図 ネットワークライセンス イメージ図  
 
販売に関するQ&A
 
 
ソフトウェアの購入・お問い合わせ先
発行  株式会社 ジェイアール総研エンジニアリング 






〒186−0002 東京都国立市東1-4-13 COI国立ビル
Tel:  042-575-3821
  受付時間 9:30〜12:00、13:00-17:30(土、日、祭日を除く) 
  電子メールによるお問い合わせ先 (販売ソフトウェアのみ)
  販売・保守・サポート情報に関するお問い合わせ support_sale(アットマーク)jrseg.co.jp
 

ページのトップへ


JRSE 株式会社 ジェイアール総研エンジニアリング 
footer-line.gif
Copyright(c) 2006 JR Soken Engineering Co., Ltd. All rights reserved.